軌間15インチ(381mm)の実用ミニ鉄道。本物の鉄道の世界がここにある。実際にマスコンやブレーキハンドルを握って運転できる。乗り込める。出張運転もある。

桜谷軽便鉄道 車両紹介

桜谷軽便鉄道をはじめてからいつのまにか何年も過ぎました。そんな桜谷軽便鉄道では、各地で活躍した車両たちをモチーフにした動力車や客車たちを たくさん製造しました。そんな桜谷軽便鉄道の車両達をご紹介します。

蒸気機関車 8号機

2000年11月製造、0.2馬力
■蒸気機関車8号機は、小型の石炭焚きボイラーを搭載して蒸気の力で動く機関車です。
蒸気圧は最大5kgf/cm2で、安全弁を装備しています。時速6km/h程度で客車3両に乗客を乗せて牽引することができます。
汽笛はキャブのおでこに取り付けてあり、複音(2本の笛を同時に鳴らす)です。煙突の火の粉止めは「じょうご」を利用しています。
ボールドウィン社製サドルタンク機のスタイルをイメージして製作したもので、愛称は「亀の子エンジン」です。
■ボイラーとエンジンは、5インチゲージ・ライブスティーム用製品(キット)を利用しています。
5インチゲージの動輪(3軸)はそのまま残し、動輪の1軸にギアをかませて本当の動輪を駆動しています。ギア比は3:1としていますので、トルクは3倍になります。 しかし排気音は動輪1回転に対して3回発生しますので、ややせわしい感じです。ヨーロッパの登山鉄道などで見かける、ギアードロコ(歯車で駆動する蒸気機関車)の排気音のようです。
また、キャブ内の焚き口やコック・バルブ類はキットをそのまま利用していますので、たいへんミニサイズです。

製造当初はB型タンク機でしたが、重量のバランスを良くするためにテンダー機に改造。しかし制動時などの突き上げが大きく、脱線の原因にもなっていましたので南山線用に車体幅を拡張し、後部に従輪を1軸装備したタンク機へと変貌しました。

軌道線で産声をあげた8号機


テンダーを備えていた頃の8号機


運転室内部(小さな焚口が見える)


車両 Line Up

1996年11月製造/廃車・解体
バッテリー動車 1号機
1997年5月製造/活躍中
バッテリー機関車 2号機
1997年12月製造/廃車・譲渡
バッテリー動車 3号機
1998年10月製造/譲渡
ガソリン機関車 4号機
1999年5月製造/廃車・解体
凸型電気機関車 5号機
1999年10月製造/譲渡
デハ6 電車
2000年5月製造/活躍中
バッテリー機関車 7号機
2000年11月製造/活躍中
蒸気機関車 8号機
2002年5月製造/譲渡
ガソリン機関車 B5号機
2003年2月製造/活躍中
ガソリン動車 キハ3
2004年1月製造/活躍中
電気機関車 デキ12
2005年5月製造/活躍中
モハ1408 電車
2006年7月製造/活躍中
電気機関車 デキ3
2010年8月製造/譲渡
ガソリン機関車 DD11-9号機
2011年6月製造/活躍中
10番 木製電車