軌間15インチ(381mm)の実用ミニ鉄道。本物の鉄道の世界がここにある。実際にマスコンやブレーキハンドルを握って運転できる。乗り込める。出張運転もある。

桜谷軽便鉄道 車両紹介

桜谷軽便鉄道をはじめてからいつのまにか何年も過ぎました。そんな桜谷軽便鉄道では、各地で活躍した車両たちをモチーフにした動力車や客車たちを たくさん製造しました。そんな桜谷軽便鉄道の車両達をご紹介します。

電気式 ガソリン機関車 B5号機

2002年5月製造、100Wx2基、全長1200x全幅700x高さ1400mm

■2002年5月に竣工。南山線に合わせて、軌道線用から180mm程度全幅を広げた南山線最初の動力車です。
廃車となった5号電気機関車から足回り(車輪・台枠・モーター・伝導機構など)を流用し、 富士重工製のスバルエンジン(出力550W)を搭載、車体・整流器・運転操作機器は新製しました。
変圧器は既製品を利用しています。
電気式とは、ガソリンエンジンで交流電気を発電し、変圧・整流を経てAC100VをDC30V以下に変換して直流モーターを回す方式です。 本機は、5号電気機関車から譲り受けた100W直流モーター2基を駆動しています。ギアは2段で変速比を大きく取っているため、速度はあまり出ませんが力持ちです。(元々が貨物用機関車なもので・・)
また、20パーミルの連続勾配がある南山線仕様として、電気ブレーキを装備しました。ガソリン機関車で電気ブレーキというのも電気式ならではです。ブレーキハンドルを操作することで"クイーン"という音と共に切れ味のよいブレーキがかかります。
電気ブレーキのおかげで下り勾配の運転が楽になりました。
警笛は、自動車部品店で物色した乗用車用ラッパ型ホーンです。添付のコンプレッサでは音が巨大過ぎるため、弱めのコンプレッサに取り替えています。
 
車体が大きめになったので、大人でも楽々と運転ができるようになりました。
 

製造中のB5号機/B5の本格的なマスコン・ブレーキハンドル


未塗装での試運転は301・302との当時の標準編成/力持ちのB5号機は客車4両もの大編成でも安心


■竣工以来、運転会やイベント運転などに大活躍。南山線の主力機となっていましたが、三岐鉄道「阿下喜駅」の381鉄道からの強い要望もあって譲渡しました。
その後は「ミニ電ほくさん」として外観は変更されたものの基本的にはそのままの状態で活躍しているようです。

車両 Line Up

1996年11月製造/廃車・解体
バッテリー動車 1号機
1997年5月製造/活躍中
バッテリー機関車 2号機
1997年12月製造/廃車・譲渡
バッテリー動車 3号機
1998年10月製造/譲渡
ガソリン機関車 4号機
1999年5月製造/廃車・解体
凸型電気機関車 5号機
1999年10月製造/譲渡
デハ6 電車
2000年5月製造/活躍中
バッテリー機関車 7号機
2000年11月製造/活躍中
蒸気機関車 8号機
2002年5月製造/譲渡
ガソリン機関車 B5号機
2003年2月製造/客車化
ガソリン動車 キハ3
2004年1月製造/活躍中
電気機関車 デキ12
2005年5月製造/活躍中
モハ1408 電車
2006年7月製造/活躍中
電気機関車 デキ3
2010年8月製造/譲渡
ガソリン機関車 DD11-9号機
2011年6月製造/活躍中
10番 木製電車
2013年4月製造/活躍中
電気機関車 ED51号機