軌間15インチ(381mm)の実用ミニ鉄道。本物の鉄道の世界がここにある。実際にマスコンやブレーキハンドルを握って運転できる。乗り込める。出張運転もある。

桜谷軽便鉄道 車両紹介

桜谷軽便鉄道をはじめてからいつのまにか何年も過ぎました。そんな桜谷軽便鉄道では、各地で活躍した車両たちをモチーフにした動力車や客車たちを たくさん製造しました。そんな桜谷軽便鉄道の車両達をご紹介します。

凸型電気機関車 5号機

1999年5月製造、出力100Wx2基、全長990x全幅505x高さ1450mm
凸型のナロー電気機関車をモチーフに 本軌道初の架線集電車両として誕生しました。南山線開通に伴い電化路線である「本線」が軌道線となり本機の仕事がなくなってしまいました。

軌道線の玄関の5号機/桜谷軽便鉄道初の集電装置となったパンタグラフ

運転室内はマスコン・ブレーキハンドル・計器類・スナップスイッチなどが装備されています。
前部ボンネット内は抵抗器などが入っています。 モーターは前後のボンネット下部に装着され、2段のギヤで駆動しています。後部ボンネット内は物入れとして利用しています。
おでこの丸いもの(ライトの隣)は連打式ベルで、鉱山などで"ジャララーン"と警報音を鳴らして走る鉱石列車をイメージしています。
当初は、スチール板とパイプで組み上げたパンタグラフを装備していましたが、故障が多かったためポールに換装しました。
2001年に廃車解体され、足回りはガソリン機関車B5号機に譲りました。


5号機の台枠と車輪・モーター/家屋の中で車体を組上げていました


狭い運転室に詰め込まれた装備類/連結装置にも雰囲気を大事にした


パンタグラフからポールに換装された集電装置/貨車2両を連結した5号機編成


ポール集電の5号機/運転室内はマスコン・ブレーキハンドル・計器類・スナップスイッチなどが装備されています。


前部ボンネット内は抵抗器などが入っています。 /モーターは前後のボンネット下部に装着され、2段のギヤで駆動しています。後部ボンネット内は物入れとして利用しています。


車両 Line Up

1996年11月製造/廃車・解体
バッテリー動車 1号機
1997年5月製造/活躍中
バッテリー機関車 2号機
1997年12月製造/廃車・譲渡
バッテリー動車 3号機
1998年10月製造/譲渡
ガソリン機関車 4号機
1999年5月製造/廃車・解体
凸型電気機関車 5号機
1999年10月製造/譲渡
デハ6 電車
2000年5月製造/活躍中
バッテリー機関車 7号機
2000年11月製造/活躍中
蒸気機関車 8号機
2002年5月製造/譲渡
ガソリン機関車 B5号機
2003年2月製造/客車化
ガソリン動車 キハ3
2004年1月製造/活躍中
電気機関車 デキ12
2005年5月製造/活躍中
モハ1408 電車
2006年7月製造/活躍中
電気機関車 デキ3
2010年8月製造/譲渡
ガソリン機関車 DD11-9号機
2011年6月製造/活躍中
10番 木製電車
2013年4月製造/活躍中
電気機関車 ED51号機